イタチ

鳩に対する苦情

鳩退治の今後の動向とは

現在に比べるとその数は減るものの、これからも高層建築は都市部の主流となると見られていますし、鳩の駆除や対策についてもその要望が増えるだろうと予見されています。鳩の駆除については現在、専門的な知識を持つ業者が行っています。また、寄せ付けないよう対策グッズを取り付けると言った対処も行っていますし、現在では自分で購入して設置することが出来るような鳩の対策及び駆除グッズが販売されています。ですが、学習能力もありますし、着実に鳩を駆除するのは業者のほうが得意だと言えます。ですからこうした業者も専門スキルを活かして独自の対策を考えだしたり、加えて言えば価格競争の部分も登場するようになるのではと見られており、市場がこれまで以上に活性化すると見られています。

害獣駆除について注意したいポイント

糞害や菌、景観を損ねるといった害を及ぼすのが鳩で、現在では駆除業者や駆除に役立つグッズも多数販売されています。実際に駆除する際に注意したい点としては、いくら迷惑をかけられていると言っても、鳩を無断で駆除するのは法律によって禁止されています。ですから、自分で対策グッズなどを設置することは可能ですが、退治することは禁止されているのです。なお、ある程度の鳩を駆除しないと鳩による害を軽減することは出来ないケースも有ります。ですから鳩による害を解決するためにも業者に依頼するのが最も良い方法です。近年では、見積もりを取ることが出来たり、また予め料金設定について明らかにしている業者も多く、事前に問い合わせするなどしてその全貌を知っておいたほうが安心して依頼することが出来ます。